モバ8ネットで稼ぐ方法

これはmoba8.netの報酬画面。


10万、15万、20万円と順調な伸び。


リーマンショック以来、すごいスピードで不況の波が来てるわけですが携帯サイトがうまく稼働していればある程度の収入は確保できるわけです。


不況になってから騒ぐのではなくて、普段からどの位の資産をネットで残せているかが勝負になってくると思います。


あともうひとつ大切な視点として、不況でも売上を伸ばしている企業というのがあります。


そうした企業の商品やサービスをアフィリエイトすると、ケチ臭い非承認なんてことも少ないですし、ずっと長くお互いWin-Winの関係を築けます。


・ネットで1つでも多くの資産(携帯サイト)を作ること
・売上を伸ばしている企業の商品やサービスをアフィリエイトすること


この2点です。

楽天アフィリでプラチナ会員

いつの間にか、楽天でプラチナ会員になってた。



楽天アフィリ


よく買い物するからなあ・・


がーーーっと買い物してしまう女性の気持ちが分かる。買い物は楽しい。


携帯サイトでも洋服なんかを買ったりするのは「決まったお店」が多いんだそうだ。


だから個人でサイトを始めて洋服なんかを売買しようとしてもキツイかもしれない。


逆にモバオクなんかのように、ある程度の知名度やブランドがあるとお客さんが定着するのかもね。


ちなみに私は携帯サイトで買い物する時も楽天かamazonですが。

ウィキペディア(Wikipedia)に寄付してみた

ウィキペディア(Wikipedia)にアクセスすると、画面の上部に「いつもは、あなたがウィキペディアを必要としてきました。——いま、ウィキペディアがあなたを必要としています。」の文字。


調べてみると、ウィキペディアを運営していくための資金が3~4ヶ月分しか残っていないので閉鎖してしまう危険性があるとのこと。


いつもウィキにはお世話になっているので、小額ながらコメント入りで寄付してみた。



※クリックで拡大します


匿名で寄付すればいいものの、コメントと名前入りで寄付してみた。
あ、偽善者って思われてもOKです。笑


グラフを見ると、最終的には600万ドル(約5.5億円)がゴールのように見えるんだけども、もう半分以上が寄付として集まっている。


それでも全世界中から3億円なわけですよね。すごいなあ。みんな必要としているんだなあ。


アフィリでも「Wikipediaの記事をリライトしましょう」なんてことをやってる人がいますが、それで少しでも稼げたんなら寄付してみてはどうでしょうか。


稼げてるアフィリエイターも少なくはないと思うので、割と寄付金も集まるかも知れませんね。


寄付はクレジットカードから決済できます。(銀行振込は不可)


ウィキペディアに寄付してみたいと思ったら下記のアドレスからどうぞ。


http://wikimediafoundation.org/wiki/Donate/ja

携帯サイトを作るコツ

ドコモはあまり気にしなくていいんだけど、AUは<head>タグの間に次のタグを仕込んでおくと良い。


<META HTTP-EQUIV="Cache-Control" CONTENT="no-cache" />


というのも、AUはしぶとくキャッシュが残っていることがあって、せっかく訪問してくれたユーザに「更新されてないじゃん」と思われる可能性があるから。


これは携帯から「最新の情報を読み込む」みたいな操作をすればいいんだけど、そこまでユーザは詳しくないわけで。


こうしたキャッシュコントロールは、本当はすべての携帯サイトに仕込むべきなんだけど、SoftBankのある機種でこのタグを入れると表示エラーになることを確認。


携帯間の仕様をなんとか統一してくれないものか。