最近の記事

サイト内検索

ほったらかしで稼げる方法なんて存在しない

これはCyber-ADというASPの2月分の報酬画面。


Cyber-ADに登録してたことをすっかり忘れてたわけなんだけど、ふと思い出したので使ってみた。


毎日6000アクセス以上ある携帯サイトに全広告(196種)をランダムに1箇所だけ表示。


広告の掲載方法は、ただサイト名のテキストリンク。


表を見てもらえば分かるんだけど、掲載日(正確には翌日)から2000クリック以上の反応。


それから次第にクリック数が落ちていって、28日では800クリック程度。


売上報酬もクリック数に従って落ちていっているわけです。


この結果は何を表しているのかというと、アクセス数が安定しているサイトに広告を掲載しても売上は右肩下がりになっていく、ということだと思うんです。


まあ、アクセス数が安定しているってことはリピート率が高いサイトってことなわけで、リピータさんが1度広告を見て興味がなければ当然クリックしないわけです。


クリック数が落ちれば、売上も落ちるわけで、だから右肩下がりになるというわけで…。


だからアクセス数が安定している携帯サイトを持っていたとして、そこに広告を貼るだけで不労所得!なんてうまい話はないわけです。


反応が次第に下がっていくので、それを上げなくちゃいけない。


そうなると、新規にアクセスを呼び込むか、または掲載する広告を貼りかえるかのどちらか。


広告を貼りかえ続けても、読者に飽きられれば(また広告かよ、と思われれば)やっぱり反応が落ちるわけで。


この辺は経験した人しか分からない話なんだけど、やっぱり継続的に新規読者を呼び込む仕掛けを作る必要がありますよね。


新規でアクセスを呼び込む仕掛けはいくつかありますが、やっぱり携帯SEOでしょうか。


この辺は何かいい解決方法があれば教えてもらいたいです。笑