迷惑メールが読まれる瞬間

迷惑メールが読まれる瞬間って見たことありますか?


おととい電車に乗っていたら、隣に座ってた男の人が
たまたま迷惑メールを読んでました。


まずはざーっとスクロールしていって、
アドレスを発見するとすぐにアクセス。


出てきたサイトのトップページを画面メモしてました。


サイトの内容は携帯だけで日給10万円!っていう
いかにも詐欺なサイトだったんですけど。


で、サイトの上部をじっと見たあと、
またざーっと下にスクロールしていってました。


サイトの下の方に11ページで9800円です、と
決済ボタンがあって、それもスルー。


長々したページで、
彼はどこを最初に読んだと思いますか?


・・・


答えは特商法のリンクでした。


やっぱり彼もあやしいと思っているのか、
まずは身元を確認してました。笑


次にお問い合わせのリンクをクリック。


そしてまた特商法に戻って、
今度はじっくりと見てました。


特商法ページの下の方に携帯ASPの
インカムスのリンクがあってそこもアクセス。


インカムスも画面メモしてました。


そこでちょうど自由が丘について、
彼は降りていきました。


携帯に迷惑メールが来た瞬間に
すぐ捨てちゃうんですけど、
ちゃんと読む人もいるんですね。


受け取った人がまずどこを読むのか。


これを押さえておくと、
仕掛ける側は反応を上げることができそうです。
(ただし迷惑メールは論外)


迷惑メールを送らずに、
(むしろ迷惑メールすると逆効果)
反応を上げる方法があるんですが、
これはまた後ほどお話します。