携帯アフィリ、量産手法の裏側

ちょっとわけあってMoba8アカウントの引越し。

今月の成果はこんな感じ。

毎月あまり大きな変化はないです。

(何か実験するときは上下しますが)

携帯アフィリといえば、無料携帯ブログを大量生産する手法がメジャーみたいです。

どの塾を見ても、どの情報商材を見てもそう書いてある。

でも実際に量産している方の報酬を見てみると、月々のバラツキが大きいことに気づくわけです。

先月は10万円だったのに、今月は2万円だ…とか。

あと同じ1000サイト作った人でもAさんは3万円、Bさんは3千円といった開きも出てきてます。

ぼくは量産はやらないんでよく分からなかったんですが、ふつー、量産すればするほど右肩上がりに報酬が伸びると思いませんか?

あと同じような方法でサイトを作っているわけなので、他の人との報酬に違いがないはずだと思うんです。

でも実際は違う。

これが不思議で仕方なかったです。

で、調べてみると広告主が出稿を停止すると一気に報酬が落ちるみたいですね。

あとは検索エンジンの上位表示期間が終わってアクセスが途絶えた、とか。

報酬のバラつきに関しては、それぞれが違うキーワードでサイトを作ってるので個人差が出るみたいです。

こうして見ると、結局、量産手法ってのは検索してきたユーザと広告サイトをつなげるパイプ(中間)サイトだってことが分かります。

運が良ければ報酬がもらえますが、いずれにしろ手元には何も残らない。

逆に、ぼくはコンテンツサイトを育てているので固定ファンがいます。

安定したアクセス数も確保できるし、そこからメアドも収集してます。

毎月の安定した報酬があるのはファンのおかげ。

何が言いたいのかというと、量産は広告主や検索エンジンみたいな外部要因にとても弱いってことです。

自分だけじゃどうしようもないことだし、ファンがいないから安定しないってわけです。

ファンがいれば、検索エンジンがどうなろうとユーザはブックマークからダイレクトにやってきてくれます。笑

これ最強だと思います。

ぼくの手法で携帯アフィリをやるなら、ぜひファン作りの手法を身に付けてください。

Googleから5000円もらえます

FC2のログイン画面に出ていた広告を見てビックリした。


Googleアドワーズが5000円分、無料。





今までGoogleがこんな「安売り」みたいなことをしているのを見たことがなかった。


Google広告の収入が減っているんだろうか。


一般的な企業だと、3つのKというのがある。


広告・研究・教育だ。


この3つのKは景気で影響されやすくて、不況になると予算が削減されやすいと言われている。


もしGoogleアドワーズに広告を出稿する企業が減っているとすれば、当然、Googleアドセンスにも影響する。


Googleアドセンス、円高と広告主減のダブルパンチ。


逆にGoogleアドセンスとしては広告媒体の力を高めたいはずなので、アカウント審査に通りやすくしている可能性がありそうだ。


もしアドセンスのアカウントを持ってない人は、今がチャンスかも知れないですね。


アカウントは取るだけ取っておいて、広告を貼るのは景気が良くなってからかな。


ちょっと今は不利な条件が多そうだし。

携帯アフィリやるならアクセスアップは必須

携帯アフィリやるならアクセスアップは必須だと思います。


それもパソコンからのアクセスを排除して、純粋に携帯からのアクセスを集める方が効率がいいわけです。


携帯アクセスアップ革新レポートなら、これを可能にします。


最近よくある質問が、


「販売されてから2年以上たちますけど効果ありますか?」


というものです。


本当にマニュアル通りにやってみると、即日効果が出ます。
(赤枠の部分に注目してください)



何時からツールを使ったのか、一発で分かります。


販売開始から何度もバージョンアップを繰り返してきたので、情報は最新のものです。


とりあえずクリック保証広告でも携帯アドセンスでも稼ぎ方はいろいろありますが、アクセスがないと始まりません。


ランキング攻略や時間の掛かる携帯SEOやるくらいなら時間と労力をお金で買った方がいいですよ。


私ならそうします。