最近の記事

サイト内検索

サイトのジャンル=広告ジャンル、が物凄い

えー、先月から復活したクリック保証広告の成果。先月分はAD-TUNEが3万円でi-mobileが5万円でした。

以前にクリック保証で稼ぐコツなるものを記事として更新しましたが、いま改めて読み返してみると上っ面だけだというか、分析が甘いというか、とにかくダメダメな内容ですね。やっぱりこのブログは河合徳光のメモ帳ってタイトルなんで、事実だけをツラツラと書くというか、実際にやってみた結果だけを書かなきゃな、と再認識した次第です。

さて。クリック保証をやり始めてから、ある程度アクセス数のあるサイトに広告をペタペタ貼っているわけですが、面白い数値が出てました。というのも、あるサイトのクリック率が3%と異様に高かったわけです。なぜ?と思ったけど、理由は簡単。表示される広告とサイトの内容がマッチしてたというだけの話。

実際に携帯でサイトを見てみると、クリック保証で表示される広告ジャンルはアニメの電子書籍が圧倒的なわけです。だからアニメ動画サイトに広告を貼ったら、クリック率が3%になったというわけです。まー、ごくごく当たり前の話なんですが。

でもこれってよく考えたら、

・1日10,000PVの掲示板サイトでクリック率が1%

っていうのと、

・1日1,000PVのアニメ動画サイトでクリック率が10%

っていうのとじゃクリック回数は同じなわけでして。

じゃあどっちが立ち上げて集客が楽かと聞かれれば私は「そりゃアニメ動画サイトでしょ。」と思ってしまうわけです。だから今後は同人誌系、TVアニメ系を中心にサイトを立ち上げてPVよりクリック率を高める努力をしていきたいと思います。

あと一番クリック率が低かったジャンルは携帯小説系でした。きっと小説を夢中で読んでる途中に別サイトへ飛びたくないんでしょうね。

あ、あと昔あった誤クリックは今は激減してるようです。というのも私のドコモで通信中にクリック連打を繰り返してみたんですが、ページが完全に表示されてからクリックが有効になってました。だから最上部に広告を貼って誤クリックを誘導しようとしても効果薄みたいです。

広告バナーを見てもらって、興味を持ってもらって、クリックしてもらうのが多分クリック率が高いような気がしています。そのために広告の露出を上げて、いろんな種類から選んでもらうのも手かな、と思いました。

また面白いことが分かったらこのブログで報告します。