最近の記事

サイト内検索

日本の将来はあと30年は暗い

今日は携帯アフィリの話題じゃなくてスミマセン。標題の通り「日本の将来はあと30年は暗い」と個人的に思ってます。

例えば毎月40万円の収入がある人がいたとして、その人が毎月60万円使ってるとします。当然、20万円の赤字になるんですけど、そこはアコムに走って借金してなんとかやりくりしてるわけです。そして気が付けば6400万円の借金まみれになってしまった・・・極端に言えばこれが今の日本の状態です。

これを正常な状態に戻そうとすると、収入を増やすか支出を減らすかしかないわけで、単純に収入を増やすなら「経済成長する」「税金を上げる」、支出を減らすなら「社会保障を減らす」「公共事業を減らす」といった感じになります。

経済成長は時間が掛かるし働き手が少ない上に競争力が弱いから厳しいと思う。税金は即効性があるから間違いなく上がる。社会保障は高齢化で間違いなく費用が増えるし、公共事業は減らされるはず。

ということで、これからは税金と福利厚生費は増えるのに、給料が安い時代になっていくんじゃないかなーと思います。暗い。暗すぎる…。

これがいつ改善されるか考えてみると、いま60歳の人達(団塊世代)がポックリ逝っちゃうと社会保障費がガクンと下がると思うんです。医療技術が発達するので正確には分かりませんが、平均寿命で考えるとあと30年以上は掛かる計算。

いまから30年間、毎月2万円ずつ貯金してもトータル720万円なので老後を過ごすのはとても無理。正社員になっても平気でリストラされる時代なので大企業に入っても安定なんて幻想。もちろん会社や国は何もしてくれない。じゃどうするか?

やっぱり自分でお金を稼ぐ力を身に付けておくのがベストかなと思います。自営なら生涯現役だし、外部要因で振り回されたりしにくいし。でも自営は事業を軌道に乗せるまでが大変なので、もし動くなら早めに行動した方がいいですよ。

少なくともあと30年は暮らしは悪くなる一方だしホームレスだって他人事じゃないです。