最近の記事

サイト内検索

モニター募集開始

これは総務省が発表している通信利用動向調査の調査結果。

このグラフをよく見てみるとパソコンか携帯のどちらか一方しか使っていないユーザーは少なくて、どちらも使っているユーザー(グラフ黄色部分)が圧倒的に多いわけです。

だから前回の記事で紹介した通り、これからのサイトはパソコンと携帯の両方に対応している方が稼ぎやすいです。

例えばパソコン向けサイトに携帯でアクセスされるとパソコン向けのアフィリタグが使われてるのでクリックしても無効になってしまいます。両方を切り分けて表示できるサイトなら、こうしたアクセスを無駄にすることもありません。

あとは柔軟性の高い自動生成サイトが有効です。キーワードを自分で考えるんじゃなくてユーザーが検索してきたキーワードを使って関連する商品を表示してあげたり。サイトにアクセスした日にちから適切な商品を表示してあげるとか。

こうした検証結果と実績を踏まえてアマゾン楽天アフィリエイト自動更新システムのモニターを開始しました。

7月31日まではモニター価格で参加できるので、もしよければお申し込みください。