最近の記事

サイト内検索

広告難民

ついにAFMで40万円越え。でも優良広告主が抜けたので来月はもっと落ちるかも。

アフィリは年々厳しくなってきているように感じる。それは草食系男子が増えてることやお金を使わない若者の影響とか。かつて2000年頃から雨後のタケノコのようにコミュ系サイトが増えたわけだけど今は明暗がハッキリしてきてる。

例えば勝ち組のハッピーメールやワクワクメールは自社でアフィリエイトしてるからもうASPに頼らなくても良い状況になりつつある。こうなってくるとアクセス数を持つ媒体はあるのに掲載する広告がないといった広告難民になる恐れが出てくるわけです。

だからリスクヘッジとして、やっぱり他ジャンルにも進出すべき。実際、サイト量産手法で着うたやデコメを扱ってます。

やってみて感じたことはデコメは売れにくいが、着うたは売れやすいってこと。なぜなら簡単にコピーできないから。かと言ってデコメがまったく売れないかと言えばそうではなくて、例えば森ガールデコメをシリーズで揃えたい場合は登録してくれるみたいです。

有料でも意外と登録してくれます。「こんなのに誰がお金払うの?」って思ってしまうようなサイトでも有料登録されてしまうのだから面白い。価値観は人によって違うのだから、こちらはただただ機械的に広告を紹介するのみ。

あと実践した人なら誰しも分かるような、もっと売れる広告(ジャンル)を次回の記事でご紹介したいと思います。お楽しみに。

さて。

いま高校の同窓会のために石川県に帰ってきてます。石川へ帰る手段は新幹線か飛行機か選べるわけだけど、不可逆的な意味で使われている「time is money.」は、実は「money is time.」にもなるんじゃないかと思った。

■新幹線プラン
東京~金沢(往復) 8時間22分 26,020円

■飛行機プラン
羽田空港~能登空港(往復) 2時間 48,400円

それぞれのプランを書き出してみるとこうなるわけだけど、飛行機と新幹線の差額は2万2千円。つまり2万2千円を払えば6時間以上の時間が節約できるわけでこれは時間を買ってるのではないかなと感じたわけです。飛行機なら確実に座れるし。

だからお金持ちが自家用ヘリコプターを利用するのも時間を買ってるわけで、お金がないなら時間と労力を掛けるしかないってことですよね。ムムム。