最近の記事

サイト内検索

Smart-Cのアフィリエイト収入実績

お久しぶりです。なかなかブログを更新できなくてすみません。

先月はSmart-Cで50万円を超えるアフィリエイト収入でした。他のASPの報酬実績は省略しますが毎月100万円は軽く超えて稼いでいます。

Smart-Cは本当に優秀なASPで同じ広告案件でもなぜかSmart-Cの方がよく取れたりします。今回は東日本大震災の影響からかアルバイトやお仕事紹介の広告が伸びています。こうして時流に乗るとアフィリエイト収入が飛躍するみたいです。

さて携帯サイト量産システムですが、モニター開始から3ヶ月が経過したのでアンケートを実施しています。モニター様にはメールでアンケート依頼が届いていることかと思います(届いていない場合はご一報ください)。

現在、約200人のモニター様のうち約120人からの回答を得ています。震災後から連絡が取れなくなっているモニター様もいらっしゃいますのでアンケートは一旦20日に締め切って集計したいと思います。

まとめましたら「3ヶ月でモニター様がどのくらい稼げたのか?」をブログで報告する予定です。

またアンケート回答者には新システムのアカウントを設置してそちらで作業してもらっています。新システムではより上位表示しやすくなっているためアクセス数が増えて成果がより出やすくなっています。

そのような報告を何件か受けていますのでそのメールを転載します。

-------------------------------------------------

河合 様

ご連絡ありがとうございました!

河合さんが仰るように、新サーバーでサイト作り続けてみます。

検索結果上位表示率が異常に高いのには驚いています!

ほんとにすごいですね。

なんで、こんなワザができるのでしょうか?

びっくりするばかりです。

今後ともよろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------

河合さん、Sです。
お疲れ様です。

今回のシステムのドメインはなかなかいいようですよ。
インデックスが早いですし、作成した無料HPもインデックスが結構ほったらかしでも早くインデックスされていきます。

クロスリンクなどについても以前より好まれているように思います。

たとえば「XXX XXX」
http://www.google.co.jp/search?sourceid=XXX

このキーワード1位で私の作成したサイト
http://xxx.xxx/xxx.html
が現在1位です。

下を見ると
2にどなたかの独自ドメインサイト
4位位に河合さんのシステム使用のサイト
http://xxx.xxx.com/

このシステムが以前のものですから、この無料HPより今回の新しい独自ドメイン使用のサイトのほうが上位に来ています。

メインのキーワードの
「XXX XXX」
http://www.google.co.jp/search?sourceid=XXX

私のサイトやブログなどが上位を占めています。

ほとんど何もしていないので、上位にとどまっているのはせいぜい1週間くらいでしょうかね~
でもインデックスのペースを見る限り、グーグルに嫌われていないみたいですので、活用しだいでは結構稼げると思います。

-------------------------------------------------

なお新システムへ移行された方でも旧システムはそのまま使える状態です。今まで作成したサイトは残っていますし、当然そこから成果も発生しますのでご安心ください。

話は変わりますが一部のモニター様からメールサポートの件でお叱りを受けました。

「メールの返信が遅い!」
「メールの返信がない!」

本当に申し訳ございませんでした。不愉快な思いをさせてしまい本当に反省しています。

メールはすべて返信するようにしていますが24時間メールサポートと謳っておきながら返信が遅いのは問題だと思います。モニター様には大変な不安感を与えたことを心から謝罪します。

本来サポートには入っていなかった電話サポートも兼ねている関係上、心苦しいのですが特別事情がない限り即日~3日以内の返信とさせてください。本当にすみません。

今後も精一杯システム改善とサポートに力を入れていく所存ですので、どうかよろしくお願い致します。ご意見・ご要望のある方は匿名メールフォームを設置しましたのでそちらからメールしてください。

最後にモニター様の中で私の携帯サイト量産システムの実践ブログをされている方がいらっしゃいますのでご紹介します。

携帯アフィリエイト初心者が月収5万円以上稼ぐ方法論

この方はシステムをマニュアル以外での使い方(被リンク用途など)で使用されているとのことなので役に立つ部分があるかも知れません。どうぞご参考ください。