最近の記事

サイト内検索

正直じいさんと欲張りじいさん

定期的に日記を更新しないと体調不良に思われてしまいますので更新します。

心配になりメールをくださる方、いつもありがとうございます。また今月から頑張ります。例によって携帯サイト量産システムのモニター様からのメールを転載します。

-------------------------------------------------

河合さん、お疲れ様です。

今月は出だしがよかったので10万行くかと思ったのですが、終盤失速して届かなそうですが、他のツールでのアフィリが全滅の中、河合さんのシステムだけが利益を出してくれてます。(添付ファイル)

河合さんのシステムがバージョンアップしてから、やっと1万サイト制作しまして、、アフィリードとスマートC、半々くらいで作ってるんですが、アフィリードはクリック数が、「してやられてるんじゃないのか?」って思う位悪いですね。

売り上げは、たまたま、物販がよかったおかげで上がってはいますが・・

で、最近、ツールで作った量産サイトが、グーグルのインデックス削除に遭いまくってて、APIを使ったツールの限界、コピーサイトの限界を感じてたんで、河合さんのシステムでも、今まで以上にオリジナルの言葉・コメントを時間をかけてでも使っていくことが大切なのかな?と思っています。

今年作業を始めて、売り上げが上がり始めた頃は、毎月倍々で利益が上がっていくのかと思ったもんですが、やはりそうは上手くいかないんですね。

また機会がありましたら、他の人がどれくらいサイトを作っててどれくらいの利益が上がってるのか、参考になる点、集計、教えて頂けたらありがたいです。

今年一年、お世話になりました。ありがとうございます。

それでは、来年もお世話になりたいので、よろしくお願いします。

-------------------------------------------------

Hさんも指摘されている通り、Googleで一部のサイトがインデックス削除されているようです。またスマホの市場が伸びているので、携帯アフィリエイトの形も変わっていくと思われます。

すでに楽天やamazonはアプリを出していて、ユーザーがアプリから商品を購入するようになるとアフィリサイトの収益が激減することが予想されます。そうした状況でいかにして収益を上げるのか?

ヒントは「コンテンツサイト」と「クリック広告」だと思われますが、これから研究して結果が出たらブログで報告したいと思います。

-------------------------------------------------

河合様

お世話様です。

携帯サイト量産モニターのMです。

昨年は、お世話になりありがとうございました。

なかなかうまく結果を残せていませんが、それでも、平均して20万円/月程度は上がってきています。

引きこもりの子たちは、ストレスや状況の変化に弱い子が多いので、アクセスが減ったり、報酬がガクっと減ったりする波を、どのようにしたら軽減できるか、その辺を思案中です。

(中略)

まだ原因を掴めていない部分もありますが、以上、どうぞ宜しくお願い致します。

-------------------------------------------------

Mさんは引きこもりの子供が自宅で仕事をすることで自立できるようにすることが目的でモニターに参加されました。またMさん自身は宮城県仙台市の出身で、東日本大震災で悪化した雇用を量産システムで救おうとされている志のとても高い方です。

量産システムは過去記事にも書いていますが、小さなお子さんや介護が必要なご両親がいて外に働きが出れない人、精神的・肉体的な病気で会社で働けない人が自宅で収入を得られるように…との思いを込めて作りました。

Mさんのような方を応援したいので、できるだけ安価に年額12,000円でシステムを継続利用できるようにしたいと思います。継続手続きについては2月中に本ブログとメールでアナウンスしますので、しばらくお待ちください。

さて。以下、駄文です。

どのニュースか忘れたんだけど、リストラされたおじさんがテレビのインタビューを受けていた。

いろいろ語っていたけど、要はおじさんの主張は「今まで会社に尽くしてきたのに、お荷物になった途端にリストラするなんて最低だ!」というものだった。

ちょっと冷たいかも知れないが、残念だけどこれは仕方ないことだと思う。

会社は別名を営利社団法人という。法人は「人」の文字がついていることからも分かるように、法律によって人として扱われている。

人は身体の一部がガンになったら、その部分を手術して切り取る。会社(法人)も同じで、組織の一部が不良になったらリストラするだろう。

なので「今まで頑張って会社に尽くしてきた」という思いだけでは守られることは難しいように思える。この経済情勢では尚更だ。

という流れを踏まえて自分ならどうするか?ぜひ回避策を考えてみてください。

もうひとつ。

日本昔話の「花咲かじいさん」や「こぶ取りじいさん」には、決まって正直じいさんと欲張りじいさんがいる。人相を見た瞬間、欲張りじいさんは失敗する!と思ってしまうし、ストーリーも実際その通りになっている。教訓は恐らく「悪いことをするとしっぺ返しを受ける」ってことなんだと思う。

ここまでは幼稚園児でも分かることなのに、この教訓を守れず失敗する大人のなんと多いことか。

例えば何か後ろめたいことがあって、黙っていれば分からない、と隠す行動がそうだ。仕事でミスをしたけど今のところ気付いているのは自分だけ。上司に報告せずにこっそり直しておけば大丈夫!と思ったなら、それはもう欲張りじいさんだ。

現代に生きる正直じいさんなら、すぐ上司に報告・謝罪してミスを修正するだろう。でもそうする人は少ない。

なぜなら隠し通すことがたまに成功してしまうためだ。後ろめたい事実を隠し通せれば不利にならずに済む。人はこうした誘惑に弱い。

こうして子供でも知っている昔話の教訓を、大人が守れていないわけです。

あなたはどう思いますか?