アフィリエイトと情報起業ブームが完全に収束しましたね

RSSに登録してあるアフィリエイターブログを久しぶりに見回ってみました。すると、どれもこれも更新されてない。「あれ?この人どうしちゃったんだろ?」と思わず心配になりました。

情報起業がブームになり始めたのは、確か2006年頃だったと思います。それから雨後の竹の子のように、いろんなブログやメルマガが乱立しました。ブログは毎日のように更新されて、メルマガは1日に何通も飛び交いました。まさに混沌とした戦国時代のような感じ。

あれから過渡期を経て、今はもう数える程しか残っていません。「夏草や 兵どもが 夢の跡」。アフィリエイトは稼げなくなってしまったんでしょうか?

どう思いますか?

http://qooton.co.jp/


このクートンという会社はアフィリエイトを事業として今年の1月に設立されました。代表の川原裕也さんは2年前までニートでした。ふとアフィリエイトをやってみたら稼げたので会社を興したみたいです。

クートンのホームページを見てみると、川原さんが作ったサイトが載っています。とてもシンプルなアフィリエイトサイトです。

どのサイトも次のような共通点があります。

・独自ドメインで運用
・MTかWPでサイト構築
・テーマを絞っている
・情報にオリジナリティがある
GoogleのSEOに準拠
・主な収入はアドセンス

特に難しいことはしていません。裏技や隠しテクニックがあるわけでもありません。まるで教科書に載っているかような、典型的なアフィリエイトサイトです。

多くの情報起業家やアフィリエイターが消えていく中で、川原さんは2011年頃からアフィリエイトを始めて稼ぎ続けています。アフィリエイトブームは収束しましたが、アフィリエイトは稼げなくなったのでしょうか?

そうは思いません。川原さんも私もアフィリエイトで稼ぎ続けています。

そして私事ですが、来年から法人化することにしました。なぜなら税理士さんから「河合さん、あなた累進課税で一番高い税率を払っていますよ!」と言われたからです。会社を作って節税しようというわけですね。

もう一度聞きます。アフィリエイトは稼げなくなったのでしょうか?

さて今年も残す所あと80時間を切りました。あなたにとって、2012年はどんな年でしたか?

日本の未来は暗くて、将来の不安は消えません。でももし2013年から本気でアフィリエイトをやるぞ!と思ってくれたなら、同志が増えたみたいで嬉しいです。その想いに応えられるように、有益な情報を公開していきたいと思います。

最後になりましたが、あなたにとって2013年がよい年でありますように。またどうぞよい年をお迎えください。では。

Yahoo!メールよりGmailを使う方が迷惑メール判定されにくい

迷惑メールとして判断される理由のひとつに、Sender Policy Framework(SPF)というのがあるそうです。

SPFは簡単に言うと送信元メールアドレスのドメインをチェックする仕組みです。これにより、メールアドレスを偽装してもドメインをチェックするので、迷惑メールとして判定されるわけです。ドコモのなりすまし防止機能にもSPFが使われています。

フリーメールとして多く普及しているYahoo!メールとGmailのSPFはどうでしょうか?SPFが正しく設定されているか調べられるサイトがあります(SPFレコードチェックツール)。

メール送信サーバに「yahoo.co.jp」、送信者メールアドレスに「info@yahoo.co.jp」と入力して調べてみます。

「SoftFail」という結果が出ました。「SPFレコードが~として公開されている条件にマッチした」らしいです。

つまりドメインが完全一致したわけではないので、信頼性が半減しているみたいです。

次にメール送信サーバに「gmail.com」、送信者メールアドレスに「info@gmail.com」と入力して調べてみます。

「Pass」という結果が出ました。認証処理に成功しました。

この結果を踏まえると、Yahoo!メールよりGmailの方が迷惑メール扱いされず相手に届くようです。

メールを受信することを考えてもYahoo!メールはあらかじめ迷惑フォルダがあって、自動的に振り分けられてしまいます。一方、Gmailは1度すべてのメールを受信しますが、手動で迷惑メールとして指定すると届かなくなるようです。送受信共にGmailの方が優れていますね。

とはいっても、未だ多くの人が使っているYahoo!メールに対応したいですよね。

たまたま忍者ツールからのメールが迷惑フォルダに入っていたので、調査してみることにしました。メールアドレスはSPF認証に通っていたので、迷惑フォルダに振り分けられた理由はURLだと思われます。

次の順番でYahoo!アドレスに送信してみました。

1.件名と本文とメールアドレスは同じでURLなし → OK
2.件名と本文とメールアドレスは同じでURLが10個 → 迷惑フォルダ
3.件名と本文とメールアドレスは同じでURLが2個 → 迷惑フォルダ
4.件名と本文とメールアドレスは同じでURLが1個 → OK

メール本文中にURLが2個以上あると迷惑フォルダに振り分けられました。この点に注意してメールを送るといいかも知れませんね。

もちろん上記に当てはまらないケースもあります。短時間に同じドメインから大量にメールが送られた場合や、迷惑メールに指定されることが多い場合などです。

無料レポートなどでリスト集めしているメルマガ発行者は気を付けましょう。