最近の記事

サイト内検索

Yahoo!メールよりGmailを使う方が迷惑メール判定されにくい

迷惑メールとして判断される理由のひとつに、Sender Policy Framework(SPF)というのがあるそうです。

SPFは簡単に言うと送信元メールアドレスのドメインをチェックする仕組みです。これにより、メールアドレスを偽装してもドメインをチェックするので、迷惑メールとして判定されるわけです。ドコモのなりすまし防止機能にもSPFが使われています。

フリーメールとして多く普及しているYahoo!メールとGmailのSPFはどうでしょうか?SPFが正しく設定されているか調べられるサイトがあります(SPFレコードチェックツール)。

メール送信サーバに「yahoo.co.jp」、送信者メールアドレスに「info@yahoo.co.jp」と入力して調べてみます。

「SoftFail」という結果が出ました。「SPFレコードが~として公開されている条件にマッチした」らしいです。

つまりドメインが完全一致したわけではないので、信頼性が半減しているみたいです。

次にメール送信サーバに「gmail.com」、送信者メールアドレスに「info@gmail.com」と入力して調べてみます。

「Pass」という結果が出ました。認証処理に成功しました。

この結果を踏まえると、Yahoo!メールよりGmailの方が迷惑メール扱いされず相手に届くようです。

メールを受信することを考えてもYahoo!メールはあらかじめ迷惑フォルダがあって、自動的に振り分けられてしまいます。一方、Gmailは1度すべてのメールを受信しますが、手動で迷惑メールとして指定すると届かなくなるようです。送受信共にGmailの方が優れていますね。

とはいっても、未だ多くの人が使っているYahoo!メールに対応したいですよね。

たまたま忍者ツールからのメールが迷惑フォルダに入っていたので、調査してみることにしました。メールアドレスはSPF認証に通っていたので、迷惑フォルダに振り分けられた理由はURLだと思われます。

次の順番でYahoo!アドレスに送信してみました。

1.件名と本文とメールアドレスは同じでURLなし → OK
2.件名と本文とメールアドレスは同じでURLが10個 → 迷惑フォルダ
3.件名と本文とメールアドレスは同じでURLが2個 → 迷惑フォルダ
4.件名と本文とメールアドレスは同じでURLが1個 → OK

メール本文中にURLが2個以上あると迷惑フォルダに振り分けられました。この点に注意してメールを送るといいかも知れませんね。

もちろん上記に当てはまらないケースもあります。短時間に同じドメインから大量にメールが送られた場合や、迷惑メールに指定されることが多い場合などです。

無料レポートなどでリスト集めしているメルマガ発行者は気を付けましょう。